アクセスカウンタ

AINA (藍那)

プロフィール

ブログ名
AINA (藍那)
ブログ紹介
聞かないでください
つぶやかずにいられない独り言です
愛娘を想っての・・・
zoom RSS

母と娘は似るんです

2018/12/25 09:59
画像


はるちゃんが好酸球性プラークになり、その治療の一環としてミニダニ駆除薬が必須と言われました。けれど、彼女の母親のまろちんが、ノミダニ駆除薬のフロントラインプラスで禿げてしまい、何年もたった今でも毛が生えそろわないので、「フロントライン以外で」とお願いしたのですが。処方されたのがフロントラインのジェネリック薬で、結局、はるちゃんも剥げてしまいました(涙)。ただ、比較的すぐに毛が生え始めているので、まろちんとちがって、はるちゃんは元に戻るかなと期待しています(^^)。それにしても、やっぱり母と娘って体質が同じなんですね。

で、思い出しました、藍那と私のこと。藍那が橋本病の疑いがあるので大きな病院で診てもらうように言われて・・・同じ経験があり、以来ずっと検診を受けているわたしの主治医に一緒に見てもらうことにし・・・いろいろ調べてもらったあとに言われたのが「お二人は全く同じ体質ですね」でした。

で、その時、藍那は口では「迷惑やわ」と言いつつ、なんだかちょっと嬉しそうに見えたんですよね(^^)。

我が家の共通認識として、「藍那は父親似、弟は母親似」だったんですよね。髪の色とか視力とか・・・極めつけは藍那と父親の手の形っ!!彼女の父は、男性とは思えない綺麗な手をしていて・・・藍那の手も、彼とそっくりの綺麗な手なんですよ。わたしはよく、藍那が寝ている時に、こっそり手を撫でて「きれいな手」と呟いたものでした(^^;。

だから、藍那は父親似であることが嫌だなんて思ったことは一度もないと思うのですが、それとは別に、弟が自分より母親と似ているということに若干の嫉妬を感じていたのだと思います。それが、医学的に似ているとお医者さんから宣言されて、ちょっと嬉しかったのだと思います・・・わたしの自惚れかもしれないけど(^^;。

とにかく・・・そう・・・やっぱり娘と母親って繋がっているんだなと・・・当たり前だけど、あらためて嬉しいなと、そんなことを思ったのでした(^^)。

写真は、藍那のひいばあちゃんに抱かれている藍那です。この二年後に亡くなってしまったので、弟はひいばあちゃんに抱っこしてもらっていないんです。藍那、独占ですよ(^^)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋祭り

2018/10/08 13:53
画像


もっと可愛い写真、いっぱいあるんだけど、みんなお友達と一緒なので、勝手にUPするのは申し訳ないので遠慮しました。というわけで、白塗りの稚児さん姿の弟と一緒の写真です(^^)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人生で一番うれしかった瞬間

2018/10/08 13:48
画像


今年のお誕生日は、公智神社の秋祭りの日だったね。村をあげて、お祝いしてくれてるみたいだったよ。

藍那が生まれたその瞬間、お母さんのそれまでの人生で一番うれしい時だった。それは今も変わらないかな。裕ちゃんには申し訳ないけど、長子の誕生って、やっぱり特別だからね。藍那という存在、裕太という存在、比べようもなくどちらも何より大切だけど、初めて我が子を抱くっていう体験は、衝撃的だもの・・・分かってね、裕ちゃん(^^;。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


てんちゃん以前に出会っていたニャンコ

2018/03/10 18:43
画像


我が家はずっと犬派で、子どもたちもワンコと暮らした記憶しかないと思います。だから、一人暮らしをしていた部屋に、てんちゃんを迎え入れようと決めたとき、藍那は恐る恐るという感じで、それをわたしに報告しました。きっと反対されると思ったのかな・・・そんなことないのにね(^^;。

藍那はいつだって「親が反対したって、わたしはしたいことするんだから」というポーズをとりますが、実はどんなことでも親に賛成してもらっていたいという気持ちの強い子なんですよね(^^;。そんな心配いらないのに・・・藍那のしたいこと、むやみに反対したりなんか絶対にしないのにね(^^)。

で・・・えっと・・・写真は、家の前の公園に捨てられていた猫を、恐いながらも触ろうとする幼い日の藍那ちゃんです。へっぴりごしが何とも可愛いのであります(^^)。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


初ひな祭り

2018/03/03 12:40
画像


初ひな祭り。まだ、よく分からないと思うけど、周りの大人が大喜びでお雛様を飾りました。おばあちゃんの内裏様とお雛様だけの小さな小さな雛飾りに、おかあさんの段飾り、そして藍那の一番豪華な雛飾りで、お部屋がいっぱいです(^^)。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


エディさんとヘンリーさんと弟と私

2018/01/26 09:59
画像


今年は戌年と言うことで
藍那たちと一緒に育ったゴールデンレトリーバーの兄弟、ヘンリー君とエドワード君と一緒の写真です。まだ子犬の頃ですね。たぶん、藍那が抱いているのがエディさんで、裕太が抱いているのがヘンリーさんだと思います。わたしは最近まで知らなかったのですが、彼女たちの間で、なんとなく担当が決まっていたようですから(^^)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


守れなかった約束

2017/04/19 17:48
画像


藍那が幼稚園の頃だったか・・・
「お母さんは藍那たちのためにお仕事をしてくれているんだよね」と言われ
「それは違うよ、お母さんは母さんのためにお仕事をしている」と答えてしまい
藍那の笑顔を凍り付かせてしまったことがあった。

もちろん、その場で、その言葉の真意は伝えたけど
幼稚園の子どもに分かる内容ではなかったと、今は猛烈に反省している。

でもまあ、その後もずっと、それについては話し続けていたので
大人になった藍那は、分かってくれていたとは思うけど
一度、幼い心に受けた傷は、ずっと癒されることはなかったろうと思う。
愚かしい頭でっかちの母だった・・・

で、その真意というのは、一言でいうと
誰も誰か他人の為に生きるべきではない・・・ということで・・・
誰かのために行動するとしても、それはあくまでも自分の為の行為なのだってことなんだけど・・・
ほんと、分からないよね、子どもに・・・
少なくても、親が子どもに言うべきことじゃない・・・

ただ、合わせてずっと言い続けていたことは
「お母さんは、藍那と裕太のために、人生は捨てられないけど、命は迷わず捨てるよ」ってことだった。

こともたちの為に生きるという生き方は出来ないけれど
藍那に何かあれば、何の迷いもなく命は投げ出せるよってことで
これだけは信じてほしいって言っていた・・・

なのに、その約束を果たせなかった・・・
藍那に何かがあったその時、お母さんは、自分の命に代えて藍那を守ることができなかった・・・

だとしたら・・・今となって出来ることは、藍那の為に生きることだけしかないけれど・・・
その方法が、お母さんには見つからないよ・・・

人は、亡くなった人ためにも前向きに・・・とか言う
亡くなった人は、悲しむあなたを望んではいない・・・って言う

でも、そうかな・・ほんとうにそうかな・・・

少なくても、ある程度の期間は、悲しんでいて欲しくはいかな・・・
過去に囚われていて欲しくないかな・・・

藍那は本質的には優しい子だから
いつまでもいつまでも悲しんでいろとか苦しんでいろとか思うような子じゃないけど
わたしのせいで愛には厳しいところがあったから・・・
ちゃんと悲しまなきゃ、ちゃんと苦しまなきゃ、寂しがると、わたしは思う・・・

藍那と一緒に過去に生きる・・・もうしばらくは、そうしていたいと思うんだけど・・・だめかな・・・藍那・・・
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


こんなに小っちゃかったの・・・

2017/02/08 16:15
画像


あの日から、どんなに、てんちゃんに支えてもらったことかと思っています。藍那が残してくれたてんちゃん、彼がいてくれたことの心強さ・・・彼の体の温もりの優しさ・・・

その後、うみちゃんが現れた。てんちゃんは藍那が残してくれた子だけど、雰囲気は裕太にそっくり。でも、うみちゃんは、どこか藍那を思わせる雰囲気があって・・・藍那の父などは、きっと藍那がよこしてくれた子だと信じています。

そして、お腹の大きなまろが迷い込んできて・・・はるちゃんが生まれて・・・はるちゃんは、ちっちゃくてちっちゃくて掌にちょこんと乗るほど小さくて・・・ママが病気でおっぱいが出なくなったから、三時間おきに哺乳瓶でミルクを飲ませてあげなくちゃいけなくなって・・・うんちやおしっこも促してやらなきゃいけなくて・・・そのあまりの儚げな姿に、何をするにもおっかなびっくり・・・ミルクを飲んだ量から、うんちやおしっこの量、ちょっとした仕草や様子に一喜一憂しながらの育児・・・藍那が生まれたときのことを思い出さずにはいられませんでした。

写真の藍那は、体重的には決して小さなあかちゃんじゃないけど・・・はじめのて赤ちゃん、こんなにちっちゃな命腕に抱いて・・・もうドキドキの育児でした。手前のノートは、飲んだミルクの量やら、うんちの回数に様子、ことこまかくメモしている育児ノート。はるちゃんが誕生してから、にゃんこたち全員の育児日記をつけるようになり、子育ての再体験している気分です。

ちっちゃなちっちゃな藍那ちゃん・・・逝ってしまったことより、大きく元気に育ってくれたことを感謝しなくてはいけませんよね・・・
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


可愛すぎるハロウィンの魔女(^^)

2016/11/09 19:44
画像


ハロウィンの時にアップしようと思ってたんですが
とっくに過ぎちゃいましたね・・・(^^;。

子ども博物館のイベントで
魔女の格好をした藍那です。
似合ってるような似合ってないような・・・そこが可愛いんですけどね(^^)。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お誕生日に思うこと・・・

2016/10/20 15:40
画像



誕生日だから・・・ということでもないのですが・・・ときどき思うことです・・・


母、つまり藍那の祖母は、わたしを28歳の時に産んでくれました。
その母は、今も元気で畑仕事をしています。
そんな母を見ていて思うのです。
もし、わたしが母の歳まで生きていたならば
わたしは、藍那の人生一回分の時間を、今から生きることになるんだなって。

藍那の人生一回分の長さを今から生きる・・・とても重いことです。
それをどう生きればいいのか・・・今のわたしには分かりません・・・
ただ・・・藍那二、そんな生き方するなら、わたしに譲ってよと言われるような生き方はダメだろうなと

でも・・・譲ってあげられるなら、今すぐにでも譲ってあげたいですけどね・・・・

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


笑顔がいっぱい

2016/08/20 17:20
画像


やっと写真整理をしました。
わたしが持っていた子どもの頃からの写真をデジタル化し
藍那が持っていた大学生になってからの膨大な量のお友達との写真をアルバムに整理しました。

とね・・・どの写真にも、藍那の笑顔が弾けてる!!
こんなにもいっぱい、笑ってたんだなって・・・改めて知ることができました。
お友達と、ほんとうに楽しい時間をいっぱい過ごしたんだなって。

張り付けた写真は、お友達との写真ではないけれど
ふざけてる様子が愛おしいでしょ。

藍那の人生は悲しくなんかない。
決して長くなかったけど
迷ったり悩んだり、いっぱい泣いたりもしたけれど
それ以上に、いっぱいいっぱい笑ってたんだって・・・わたしたちに伝えてくれる写真だらけでした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


創る姿は、やっぱり眩しいね・・・

2016/04/13 16:26
画像


日記の方で、ネタ作りをしている裕太が眩しいと・・・それに刺激をうけて、わたしも自分なりに何かを創っていきたいと思うのだけど、なかなかそれが出来ないと・・・そう書いたのですが・・・

藍那も、そういうジレンマと戦い・・・いえ、わたし以上に厳しいジレンマに悩み・・・そこからやっと抜け出して、自分なりのモノづくりに向かい合っていこうとしていたなぁ〜と・・・

藍那、けっこう、細かいモノづくりが好きだったんですよね。黙々と作業することも好きだったし・・・最終的には何を創ろうと思うようになったのかな・・・

わたしは藍那ではないので、かわりに創るなんてこと・・・したくても出来ないのだけど・・・同志として、引き継げることはあるように思うんですよね。わたしなりのやり方でしかないですけど、思いの部分はね・・・

とは思いつつ、でもやっぱり、まだ書けないなぁ〜と思う、今日この頃なのでした。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


お花をありがとうございます

2015/12/10 18:01
画像


今年も、たくさんのお花を贈っていただきました。
ありがとうございます。

なんというか・・・
これは、藍那に対するお気持ちだけでなく
わたしども家族に対する、皆さんの思いやりなのだと感じています。

藍那のことを思ってくださるお気持ちは
みなさんのお心の中にあり・・・もう、それだけで十分なのです。
それは、藍那も感じているに違いなく・・・
これからも、ふとした時に、楽しい思い出の中に藍那を思っていただければ、とても嬉しいことだと思います。

でも、それだけでは、わたしたちが寂しく感じることを案じてくださり
藍那ちゃんのこと、決して忘れません、今も思っていますよ・・・と、わたしたちに伝えてくださっているのだと
そう感じて、ほんとうに心から感謝しています。

というのも・・・正直、そういう思いがなくはないわけです。

みなさんには、現実の生活があり、それぞれに忙しく懸命に暮らしていらっゃる。
いつまでも、藍那のためにお花を贈り続けていただくのは申し訳ない。
いつかは・・・そう、かならずいつかは・・・
でも、その時、わたしたちが、そのこと絶対にを寂しく感じないとは
我がことながら確信はできないな・・・と。

でも・・・でもなんです・・・
それは、わたしたちが乗り越えなきゃいけないことなんです。

お花を贈っていただかなくなっても
それは決して、みなさんが藍那のことを忘れてしまったということではないと・・・それは確信できます。
むしろ、藍那のことを悲しく思い出すのではなく
楽しい思い出としてだけ思い出して頂けるようになったのだろうと・・・そう思います。
そして、それでいい・・・というか、そうであって欲しいと思うのです。

藍那のこと、愛してくださった皆さんは
決して藍那のことを忘れたりはなさらない・・・わたしたちは、そのことを知っています。
だから・・・大丈夫です・・・藍那の悲しい出来事から、どうぞ、解き放たれてください。
藍那との面白い想い出、楽しい想い出だけを、ずっとずっと覚えていてください。

ほんとうに、ありがとうございました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


秋祭りの藍那

2015/10/15 17:52
画像


一大決心して、ネガ整理をしたら、ほとんどが子ども博物館の記録写真でした・・・あは。で、一つだけあったのが、秋祭りの写真。裕太が、お稚児さんになって太鼓をたたいた年の写真でした。ということは・・・藍那が小学校五年生の秋ってことかな・・・かな?

それにしても、子どもの頃の藍那って、けっこう黒いんだよね。生まれたときには、看護師さんがビックリするほど色白美人さんだったんだけど、日焼けしやすいみたいで、子どもの頃は、ずっと日に焼けてました。でも、両親揃って色は白い方だし、弟も白いし、年頃になったら白くなるよって言っていたら、ほんとうに、ちゃんと色白になりましたけどね(^^)。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ありがとうの日

2015/10/07 15:56
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


同じ人を愛した者同士だものね・・・

2015/09/16 15:17
画像


てんちゃんら日記に書いていて・・・
あれ、これはこっちの方が相応しかったかな・・・と思ったものだから
こちらにも張っつけておきます・・・


今日は16日。

夢で、藍那が「毎月実家に帰る日って決めたから、おばあちゃんが忘れないように、カレンダーに印をつけておいてあげて」と言った日の一つ。

うとうとしていて、また夢を見た・・・
夢そのものの内容は覚えていないけれど
とにかく、わたしは必死で藍那の名前を何度も何度も叫んだ。
絶叫といっていい・・・とくかく声をからして、藍那の名を叫び続けていた。

すると・・・頭に何かが触れた。
それは、現実の世界の感触だった。
夢から、ゆっくりと現実に引き戻される・・・
まだ意識は半分夢の中だけれど、それがてんちゃんだと分かった。

てんちゃん・・・

わたしの意識は、ほとんど現実世界に戻ってきた。
てんちゃんが、前足で、わたしの頭を優しくポンポンしている・・・

てんちゃん・・・

わたしが、はっきりと彼に気づくと
彼は、ゆっくりと蒲団の中に入ってきた。
そして、わたしの体に寄り添うようにして眠った。

最近は、あまりなかったけれど・・・
以前、わたしが一人で泣いていたら
よく、てんちゃんが、わたしの頭をポンポンと撫でて慰めてくれたものだった・・・

そうだよね・・・
同じ気持ちだものね・・・
同じ人を愛した者同士だものね・・・・
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ドラマの登場人物の名前が・・・

2015/05/18 15:49
NHKのBSプレミアムドラマを見ました。
伊藤英明さん主演の『リキッド〜鬼の酒 奇跡の蔵〜』。
と、「あいな」と聞こえたんです・・・セリフの中で「あいな」って。

で、最後のエンドロールっていうんですか
スタッフやキャストのお名前が流れていくの
それを目を皿のようにして確認してみたら
伊藤さんのお嬢さんの役名が、確かに「あいな」。
しかも、漢字も「藍那」だったんです。

最近は、たまぁ〜にアイナちゃんという方がいらっしゃいますが
この漢字で藍那は珍しい・・・わたしが出会ったのは、今回が初めてです。

藍那自身も「藍那と同じ名前の子に出会ったことない」って言ってました。

あまり親しくなかった同級生(?)に久しぶりに会ったら
キャバクラかどこかでバイトしてて
「藍那ちゃんの名前可愛いから、使わせてもらってるの」って言ってたよ。
だから、新地には「あいなちゃん」がいるんだよ。

って、笑ってたことはありましたが
それだって漢字は関係ないですもんね(^^;。

だから・・・どうだって話でもないんですが・・・

藍那という名前を独り占めしたい気持ちもありつつ
藍那という名前を、突然、耳にしたり目にしたりすることの嬉しさもあったり・・・
ちょっぴり悩ましい気分になりました。

それにしても
どうして、登場人物に藍那という名を付けたのか
原作者あるいは脚本家って誰だろうと調べてしまいました。
脚本&演出は、源孝志さんという方でした。
当然ですが、藍那とは全く関わりがなさそうな方でした(^^;。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


同期生たちの卒展

2015/04/14 14:02
画像


少し時間がたってしまいましたが・・・造形大学のお友達の卒業制作発表を見に行かせてもらいました。別の大学に移って制作活動をしているお友達もいらっしやったので、そちらにもお邪魔し、先日は、卒業後の個展にも伺いました。

そう・・・もう卒業・・・なんですよね。みなさん、おめでとうございました。これからのご活躍楽しみにしています(^^)。

で・・・まっ・・・こんな目出度い時に、景気の悪いことは言いたくないし、言うべきじゃないと思って・・・ついつい時間がたってしまいましたが・・・まっ、正直に言ってしまえば・・・なかなかに心がモヤモヤしてしまいました(^^;。余計なこと、考えても詮無いことを、ついつい思ってしまうんですよね。ダメですよね・・・情けない。

みんな、きっと、藍那のことは覚えてくださっている。中には、藍那のことで心に傷を抱えたまま、頑張ってらっしゃるお友達もいらっしゃるに違いない。でも、それでも、みなさん、ちゃんと未来に向かって歩みを進めていらっしゃる。だって、本人が望もうが望むまいが、時は止められない・・・その時の中で生きていくしかないのだもの・・・頑張るしかないもの。だから、その頑張りを応援したい。藍那の思い出が、人生の悲しい思い出でしかないのは嫌だから、藍那のことを楽しく思い出してもらえるようになりたいと思う。ほんとうに。

藍那の「もし」を考えるべきじゃないんですよ。それはむしろ、藍那の人生を憐れむだけになってしまうから、否定することになってしまうから。藍那の人生は、時間としては長くなかったけど、けど、決して可哀想な人生なんかじゃなかったと、わたしは信じたいし・・・信じる、信じています。だから、もしなんて考えちゃいけない。

と思いながら・・・ふと考えてしまうんですよね・・・藍那の卒業制作はどんなだったろう・・・藍那のどんなところに就職しただろう…創作活動をどんな風に続けることにしたんだろうか…恋は成就しただろうか・・・

最近の藍那の夢は、以前と少し様子が違っています。とても穏やかで、いつも静かに笑いながら、わたしたちを見守ってくれるようになりました。まるで観音様のようです。でも、そんな藍那は嫌だっ!! 我が儘でいいよ、気が強くていいよ、困らせてくれていいよ・・・優しくなんかしないでよ・・・あいな・・・


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2015/04/02 11:44
画像


写真の整理をしようと思っています。
ネガも紙焼きの写真もデジタル化して保存しようと。
楽しみな作業なんですが・・・なぜか体が動きません・・・どうしてかな。

先日、母が下駄箱を掃除して
奥の方でボロボロになった藍那の靴を見つけました。
中学の頃でしょうか、厚底のスニーカー(?)で・・・触れるとゴムがモロモロと崩れてきます。
当然、母は捨てようとしました・・・が、ダメっ!!と押しとどめ、ビニール袋に入れて仕舞いました。
捨てられないよね・・・

モノに固執しても仕方ないとは分かっているんですが・・・

そうそう・・・
わたしが、もう十年掃いている靴・・・
底がすり減って、雨の日は確実に靴下が濡れます。
けど、これも捨てられないどころか、履きつづけてしまう。

だって、これも想い出の靴なんですよね。
南女に通っていた頃、藍那が常連だった駅近くのパスタ屋さん。
お店の方とも仲良くしていただいていたみたいで
一度、わたしも連れて行ってくれたことがありました。

で、後日
「○○さん(お店の素敵なお兄さん)が、お母さんのこと、オシャレだって褒めてくれたよ。靴も好いの履いてらしたねって言ってもらったよ。だから、ぜんぶお父さんが選んだんだって言っといたからね(笑)」って
すごく嬉しそうに報告してくれました。

だから・・・その靴は、ずっと履くんです・・・履き続けるんです・・・底が無くなっても履くんです・・・って、決めてるんです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


真中誕生日のビデオレター

2014/10/28 12:00
画像


今年の真中誕生日には、チューバッカスのメンバーが、Wクラスの皆からのビデオレターを撮って送ってくれました。

Wクラスは、入学したての一年生を対象に、週一で開講されたワークショップのクラス。だから、藍那との付き合いは、三年前のたったの半年間、しかもその月曜日だけってことです。一緒に制作などに取り組んでいるので、一緒に講義を受けたというのよりは密な時間を共にしたかもしれないけれど・・・18,9の若者にとっては、あまりにも昔の、あまりにも短い期間・・・なのにこうして、藍那のことを覚えていてくれて、メッセージをプレゼントしてくれるのは、本当に有難いことだと思います。藍那が、最後の半年を、いかに充実し楽しんで過ごしたかが分かる気がします。

ただ、やっぱり若者の三年間と、私たちの三年間では、体感時間が違いすぎることも実感しますね。関わりの密度ということもあるでしょうけど・・・・・・

だからこそ、逆に、それでも覚えてくれていること、気にかけてくれたことが、とっても有難いと思います。

私たちが藍那のことを忘れないのは当たり前すぎること・・・いつも思っていることも当たり前なこと・・・けれど、彼らが藍那のことを忘れないでいてくれること、そして思ってくれることは、ほんとうに有難いこと・・・藍那は、ほんとうに幸せ者だと思うのです。

みなさん、ありがとう。

これからも、皆さんの学生生活の楽しい思い出の中に、ちょこっとだけ藍那を居させてやってくださると嬉しいです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

AINA (藍那)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる